ホーム   |   お問い合わせ   |   
  トップチームについて スペシャリスト 業務内容 ニュース & イベント リソース キャリア  
 
トップチームについて
事務所案内
基本理念
冠群のユニークな特徴
外国人のエージェントとの連携
所属団体
経営陣の紹介
所内の風景
ホーム  |  トップチームについて

冠群について

1980年に入り、台湾は労働集約型の旧来的産業に依存した形態から、ハイテクノロジー中心の産業形態への転換を図り、世界でもトップクラスのハイテク産業国家へと成長しました。

この転換の原動力となったのは、新竹サイエンスパーク、つまり台湾版シリコンバレーの建設です。ここに多数のハイテク関連企業、工業技術研究院、清華大学および交通大学等の研究機関が集積し、電子、半導体、化学等さまざま技術分野における先端技術が生み出されることとなりました。

こうした大きな流れの下、台湾の技術的発展の一助を担うべく、これら企業および研究機関の研究開発の成果を知的財産権により守る使命を強く認識し、1985年、冠群国際特許商標事務所が誕生いたしました。

創設以来長年にわたり、冠群国際特許商標事務所は、特許、実用新案、意匠および商標権の取得から知財紛争、訴訟手続のサポートに至るまで、あらゆる知財関連業務に全力で取り組んでまいりました。そのプロフェッショナルかつ高品質なサービスに、国内外のクライアントからは高い評価をいただいております。当所を構成しているのは、経験豊富な弁理士陣、各分野の有能な特許エンジニア、全方位の商標チーム、中英日本語に精通した翻訳者、百戦錬磨の訴訟弁護士、およびスキルの高い事務スタッフ達です。

快適な職場環境、健全な管理システム、そして豊富な実務経験という、優秀な人材を育成するための要素を、当所は全て備えております。現在、所員数は150名をこえ、その大半が国内外のハイテク関連企業または機関に長年勤務した経歴を持っています。

「プロフェッショナルかつ高品質なサービスを提供すること」、これが当所の掲げる理念です。この理念を実現し、クライアントに最高品質のサービスを提供するため、当所では、ソフト・ハード両面において最先端の設備を導入すると共に、所員の指導・教育、および特許等関連手続の各段階ごとの緻密な管理を徹底しています。これら当所の努力が、設備または品質のいずれにおいても、台湾国内における同業者の中で常に最高の地位を保っている所以であります。